通信講座+過去問集で最短合格をめざそう!

独立・副業

中小企業診断士│未経験で独立するリスク3つ、独立前にやること2つ

 

中小企業診断士に受かったから独立したい!
コンサルティング業は未経験だけど大丈夫なのかな?

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・未経験で独立するリスク3つ
・独立前にやっておくべきこと2つ

 

本記事の執筆者

かげつ(@kagetsu_smec

 

 

この記事を読めば、独立診断士としてのキャリアをスムーズに始める準備が整いますよ!

 

それではさっそくお話ししていきます。

 

コンサル未経験で独立するリスク

 

いきなり水を差すようで申し訳ないですが、コンサルティング業を全く経験せずに中小企業診断士として独立するのはリスクが大きいです。

 

具体的には以下3つのリスクがあります。

 

リスク①:仕事が取れない

リスク②:取った仕事を遂行できない

リスク③:先輩診断士の下請けしかできない

 

それぞれのリスクを簡潔に説明します。

 

リスク①:仕事が取れない

 

まず仕事が思うように取れません。なぜなら、未経験の中小企業診断士には信用がないから

 

発注者(中小企業の社長)の立場で考えたら分かります。たとえばあなたが「売上を伸ばしたいお菓子屋さんの社長」だったとして、次のどちらに仕事を依頼しますか?

 

①:中小企業診断士に合格したコンサル未経験の人

②:食品業界のコンサルティングを数多く手がけ、競合他社の売上を2倍に成長させた実績がある人

 

100%、②ですよね。どんな業界でも「その道のプロ」がいます。

 

あなたにとっては中小企業診断士は取るのが大変だった尊い資格かもしれませんが、別に中小企業の社長からしたらそんなの大したことありません。

 

また、ただ資格を取っただけの人間に高いコンサル料を払ってくれるほど、世の社長はお人好しではありません。

 

リスク②:取った仕事を遂行できない

 

2つ目のリスクは仕事を取った後の話。

 

運よく仕事がGETできても、ちゃんと遂行できずクライアントに怒られ、悪い評判が広がって干される…なんて話はザラにあります。

 

まず、コンサルティングの仕事の流れは以下です。

①:経営層とのディスカッション
②:課題の特定
③:プロジェクト設計
④:提案活動
⑤:契約手続
⑥:デリバリー
⑦:継続提案
⑧:ノウハウの横展開

 

このうち、①・②だけできればコンサルが出来るって甘く考えている人が多いんですよ。

 

「クライアントの課題に真摯に向き合える人なら独立できる」みたいなことを書いている記事を見ましたが、そんなワケありません

 

いくら情熱があって聞き上手でも、③~⑧のスキルが無いと継続して仕事が取れるようにはなりません。

 

また、⑥デリバリーにも、以下のスキルが必須です。(※デリバリー:プロジェクト開始後の仕事のこと)

・プロジェクト管理(進捗・課題・リスク)
・会議のファシリテーション
・議事録の作成
・市場調査
・Excelでのデータ集計・分析
・パワポの資料作成

 

コンサル未経験だと、ハッキリ言ってこれらのスキルがゼロの状態です。そんな状態で膨大な作業量を高品質でやるのは不可能に近い。

 

だから、クライアントの期待値を超えられずに評判が下がってしまうんです。地方だとすぐに噂が広がるので詰みます。

 

リスク③:先輩診断士の下請けしかできない

 

ってことで、コンサル未経験で独立する人は各地域の「診断士協会」に入るケースが多いんです。

 

同じ協会の先輩診断士が取った仕事をわけてもらって下積みをするって働き方。

 

でもこれもリスクなんですよ。なぜなら、自分で仕事を取るスキルが身につかないから

 

先輩診断士が仕事を取れなくなったり、他にお気に入りの下請け先を見つけたらそれまでです。

 

そもそも、独立したのに誰かの下請けばっかやってる働き方自体がナンセンスかと。それじゃサラリーマンと変わりませんよね。

 

 

以上、コンサル未経験で独立するリスク3つでした。

 

独立では勢いが大事なんですが、よく考えずに独立すると自分の首を絞めますよ

 

次の章では「じゃあ何をしてから独立すればいいの?」って疑問に答えます。

 

独立前にやっておくべきことたった2つ

 

結論、以下2つをやってから独立しましょう。

①:コンサルティング会社での勤務

②:自分が売り込むサービスの開発

 

①:コンサルティング会社での勤務

 

半年くらいでもいいから、コンサルティング会社で働きましょう。

 

コンサルティング業の流れや基本的なスキルが身につくだけでも、だいぶ独立後に楽になります。

 

「一度就職した会社をすぐにやめるのは申し訳ない」なんて発想はやめましょう。

 

コンサルティング業界なんて、自分の必要なスキルが身についたらさっさと辞めればいいんです日本企業っぽい「会社への帰属意識」なんて1ミリも必要ありません。

 

コンサル業界に転職するならエージェントが必須です。

 

以下3社がコンサル業界に強いので、まずは登録と面談を済ませましょう。

 

アクシスコンサルティング│コンサル特化のエージェント
長期間サポート&会社別対策に強いコンサル業界専門エージェント。コンサル志望なら登録すべき。

リクルートエージェント│業界最大手、BIG4狙いなら必須
BIG4レベルならリクルートで十分。ただ、大手ゆえにコンサルにあまりくわしくない担当者を引く可能性もあるので注意。

転職なら【DODA】│押しが強いエージェントが苦手な人に
リクルートほどガツガツこない。自分のペースを乱さずに転職活動を進めたい方に。

 

コンサル業界の求人は水物です。今出ているニッチな求人にあなたのキャリアが刺さる可能性もあるので、今日からすぐに動き出すのが成功率を高めるコツですよ。

 

②:自分が売り込むサービスの開発

 

コンサル業界で実務を経験するだけじゃダメで、自分の売りになるサービスを開発する必要があります。

 

どんなサービスを作るかは、ご自身の経験を元に考えると良いでしょう。たとえば以下の要領です。

 

・銀行員の経験を活かして、審査に通る事業計画策定の支援をしよう

・営業の経験を活かして、営業力強化の研修をしよう

 

1人ではなかなか思いつかない人は、通信講座スタディングの「コンサルタント養成講座」がおすすめ。

 

プロの経営コンサルタントの添削を受けながら、あなたの強みが発揮できるサービスを考えることができますよ。

 

>>コンサルタント養成講座を無料で体験する

 

まとめ:自分の力で稼げる診断士を目指そう!

 

今回は、コンサル業未経験で中小企業診断士として独立するリスク3つをお話ししました。

 

最後に、記事の内容をまとめます。

 

コンサル未経験で独立するリスク

リスク①:仕事が取れない
リスク②:取った仕事を遂行できない
リスク③:先輩診断士の下請けしかできない

 

独立前にやっておくべきこと2つ

①:コンサルティング会社での勤務
②:自分が売り込むサービスの開発

 

1日でも早く独立したい気持ちはよく分かりますが、経営コンサルタントの世界は実力社会です。

 

実力の無さを口でごまかす「残念な中小企業診断士」にならないよう、本記事で紹介した方法を実践して地力をつけることをおすすめします

 

「どうしてもすぐに独立したい!」って人は、副業をやって収入源を増やしておきましょう。以下の記事をぜひ参考にしてくださいね。

 

【月10万円稼げる】中小企業診断士におすすめの副業8選

続きを見る

 

今回は以上です。

 

ライバルに知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、ライバルに知られたくない有益情報をお伝えします!通信講座専門の予備校「クレアール」が発行している本で『非常識合格法』というものがあります。

 

『非常識合格法』では、範囲が広大な中小企業診断士試験に効率よく受かるポイントが網羅されています。

 

他校で勉強していたぼくも、読んでみたら「目からうろこな情報」ばかりでした。実際、この本の勉強法を実践した結果、苦手だった経営情報システムが得意科目になり、本番では84点を取れました。

 

『非常識合格法』は定価1,650円で販売されてますが、毎月100名限定で無料でもらえます。クレアールに資料請求すると数日で送られてきます。

 

クレアールの「非常識合格法」の本が無料でもらえる!

市販の本が無料でもらえる!

 

しつこい勧誘もないので、受験生は絶対に申しこんでおきましょう。

 

無料プレゼントを申しこむ!

 

資料請求の際は、下図のように「その他」にチェックを入れ「非常識合格法」と入力してください。(そうしないと『非常識合格法』が届きません)

クレアール(非常識合格法の請求フォーム)

  • この記事を書いた人

かげつ

中小企業診断士(R3年登録)【経歴】一橋大学経済学部▶インフラ企業(財務部門)▶コンサル会社(Big4)▶独立│通信講座と過去問を使い、約200時間の学習で中小企業診断士試験にストレート合格│効率の良い勉強法などを発信│鹿児島・福岡・将棋・テニスを愛する30代

-独立・副業

© 2021 200時間で中小企業診断士に独学合格!かげつブログ