通信講座+過去問集で最短合格をめざそう!

一次試験対策

中小企業診断士│直前期の対策に役立つ講座・模試4選【2021年版】

 

中小企業診断士の一次試験が近づいてきたけど、直前期ってどんな勉強をすればいいの?不安だから予備校の講義や模試も活用したいんだけど…

 

こんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容

 

  • 直前期にやるべき勉強とは
  • 直前期の対策に役立つ講座・模試3選

 

本記事の執筆者

かげつ(@kagetsu_smec

 

 

この記事を読めば、試験直前期に実力を大幅にアップさせ、周りの受験生と差をつける方法が分かりますよ!

 

直前期の対策におすすめの講座・模試を今すぐ知りたい!という人は、おすすめ講座・模試3選にお進みください。

 

一次試験の対策全般に関するノウハウが知りたい人は、以下のおすすめ記事から先にご覧いただくことをおすすめします。

 

 

直前期にやるべき勉強とは

 

まず、一次試験の直前期(ゴールデンウイーク前後)に特に意識してやるべき勉強法について解説します。

 

それは以下の4つです。

 

  1. 一次試験の知識の総点検
  2. 苦手科目の引き上げ
  3. 過去問の高速回転
  4. 模試の受験

 

①一次試験の知識の総点検

 

直前期にまず行うべきなのは、一次試験の知識が定着したかを総点検することです。

 

一次試験の合格基準は、700点満点のうち420点以上を取ることです。

 

つまり、1科目平均で60点取れれば合格です。

 

まずは、各科目の基礎知識をおさらいするとともに、60点を取れる力が身についているかの確認が必要です。

 

②苦手科目の引き上げ

 

直前期は苦手科目の引き上げも重要です。

 

一次試験は420点以上で合格と話しましたが、もう1つ合格の条件があります。

 

それは「40点未満の科目が1つもないこと」です。

 

逆に言えば、1科目でも40点未満の科目があると、他の科目の成績がどれだけよくても一次試験は不合格になってしまいます。

 

①の総点検の中で「60点どころか、40点も取れなそうだ・・・」という苦手科目が出てくる人もいるでしょう。

 

そうした苦手科目を何とか40点を取れるラインまで引き上げる勉強も必要になります。

 

かげつ
財務・会計や経営法務が苦手な人が多いようです。

 

③過去問の高速回転

 

直前期では、それまでの時期よりさらに過去問の演習が重要になります

 

なぜなら、試験が近づくにつれて、本番と同じ形式の問題に身体と頭を慣らす必要があるからです。

 

特に、自分が苦手なテーマの過去問を、高速で何度も繰り返し解く勉強が有効になります。

 

かげつ
直前期では、「確実に解ける問題」に時間を割くのは非効率。「解けない問題」だけ集中的に演習するのが正しい勉強になります。

 

④模試の受験

 

模試を受験することも重要です。

 

なぜなら、本番の試験で求められるスピード感やスタミナを身体で覚えることができるからです。

 

③の過去問演習は科目やテーマごとに区切って行うことが多く、本番のタフさを再現できません。

 

模試を受けることで「あ、こんなにきついんだ」ということが分かり、本番に向けた覚悟ができます

 

 

以上、中小企業診断士試験の直前期にやるべき勉強についてお話ししました。

 

これらの勉強を独学(市販のテキストを買うだけ)でこなすのは大変です。

 

そこで、中小企業診断士の予備校各社が用意している講座・模試を受講して対策することをおすすめします。

 

次の章から、直前期の対策に役立つ講座・模試のおすすめを紹介していきますね!

 

直前期の対策に役立つ講座・模試3選

 

直前期の対策に役立つ講座・模試を3つご紹介します。

 

①スタディング【直前対策講座】

 

価格 27,478円
模試 ※別料金
単科受講 できる
受講環境 ネットのみ

※模試を受ける場合は別料金(定価4,378円)が必要

 

講座に含まれるもの

  • 直前対策講座:7回(計21時間)
  • 冊子版テキスト:7冊(PDF版もあり)

 

最初におすすめするのは、通信講座専門の予備校スタディングです。

 

魅力は何と言っても価格の安さ

 

講義動画とテキストがついて、20,000円台で受講できます。

 

費用をおさえるために独学をしていた人が、一次試験の直前期の基礎固めをするのにお手頃な価格と内容です。

 

テキストの穴埋めをしながら講義動画を見るというスタイルが特徴で、知識が速く定着する工夫がこらされています。

 

1科目ごとに受講できるコースも用意されており、苦手科目の克服にも使いやすいですよ。

 

2021年5月10日までの期間限定で、直前対策講座の受講料が2,000円OFFになるキャンペーンを実施中です!

お得な今の時期に、直前期の実力アップを目指しましょう!

スタディングの公式サイトはこちら

 

②TAC【1次パック生 直前編】

 

価格 82,000円※
模試 1回
単科受講 できる
受講環境 通学/ネット

※Web通信講座受講時の価格。また、入会金10,000円を含む。

 

講座に含まれるもの

  • 1次最終講義:7回
  • 1次公開模試:1回
  • 1次完成答練:14回

 

2つ目におすすめするのは、大手予備校TACの1次パック生【直前編】コース

 

価格は高いですが、講義・模試・答練の品質は受験生から高く評価されています。

 

大手の講座を受けて安心したい、という人はTACの1次パック生【直前編】を選ぶと良いでしょう。

 

③LEC【直前対策講座】

 

価格 148,500円※
模試 2回
単科受講 できる
受講環境 通学/ネット

※模試を会場で受講した場合。自宅受講の場合は137,500円

 

講座に含まれるもの

  • 1次ステップアップ講座
  • 1次ステップアップ答練
  • 1次アドバンス講座
  • 1次アドバンス答練
  • 1次ステップアップ全国模試
  • 1次ファイナル全国模試
  • 1次直前総まとめ講座

 

最後におすすめするのは、こちらも大手予備校LECの直前対策講座

 

他社と比べると、講座・模試のボリュームは圧倒的に多いです。

 

基礎知識がまだ十分に定着しきっていないレベルの人から、応用知識を身につけてあと数点伸ばしたい、という人まで幅広く使える講座です。

 

模試の回数も2回と多いので、とにかくたくさん勉強して一次に備えたい!という人は、LECがおすすめです。

 

まとめ:直前期の勉強の質が合否をわける

 

今回は、中小企業診断士一次試験の直前期の勉強法と、おすすめの講座・模試を紹介しました。

 

最後に、記事の内容をまとめます。

 

直前期にやるべき勉強

  1. 一次試験の知識の総点検
  2. 苦手科目の引き上げ
  3. 過去問の高速回転
  4. 模試の受験

 

おすすめの講座・模試

スタディング【直前対策講座】
低価格で対策したい人向け。テキストの穴埋めをしながら講義動画を見るので効率良く覚えられます。

TAC【1次パック生 直前編】
大手の講座で安心して勉強したい人向け。答練・模試の品質は評価が高い。

LEC【直前対策講座】
とにかく勉強量をこなしたい人向け。講義・模試の回数は他より圧倒的に多い。

 

この記事が、これから一次試験を受験する方のお役立てば嬉しいです。

ライバルに知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、ライバルに知られたくない有益情報をお伝えします!通信講座専門の予備校「クレアール」が発行している本で『非常識合格法』というものがあります。

 

『非常識合格法』では、範囲が広大な中小企業診断士試験に効率よく受かるポイントが網羅されています。

 

他校で勉強していたぼくも、読んでみたら「目からうろこな情報」ばかりでした。実際、この本の勉強法を実践した結果、苦手だった経営情報システムが得意科目になり、本番では84点を取れました。

 

『非常識合格法』は定価1,650円で販売されてますが、毎月100名限定で無料でもらえます。クレアールに資料請求すると数日で送られてきます。

 

クレアールの「非常識合格法」の本が無料でもらえる!

市販の本が無料でもらえる!

 

しつこい勧誘もないので、受験生は絶対に申しこんでおきましょう。

 

無料プレゼントを申しこむ!

 

資料請求の際は、下図のように「その他」にチェックを入れ「非常識合格法」と入力してください。(そうしないと『非常識合格法』が届きません)

クレアール(非常識合格法の請求フォーム)

  • この記事を書いた人

かげつ

中小企業診断士(R3年登録)【経歴】一橋大学経済学部▶インフラ企業(財務部門)▶コンサル会社(Big4)▶独立│通信講座と過去問を使い、約200時間の学習で中小企業診断士試験にストレート合格│効率の良い勉強法などを発信│鹿児島・福岡・将棋・テニスを愛する30代

-一次試験対策

© 2021 200時間で中小企業診断士に独学合格!かげつブログ