中小企業診断士とは

中小企業診断士はなくなる・廃止されるというデマに注意

 

  • 中小企業診断士ってなくなるんですか?目指しているので不安です。
  • 中小企業診断士の仕事って、将来はAIに奪われてしまうんですか?

 

こんな疑問に答えます。

 

2021年の夏ごろから、突然【中小企業診断士 なくなる】というキーワードが検索されるようになりました。2021年12月現在、月4,000回以上は検索されているようです。

 

なんでこんなに検索が増えているのかは知りませんが、ただのデマです。2021年現在、中小企業診断士がなくなるとか廃止になるなんて話はありません。

 

この記事では、上記のデマについて、現役の中小企業診断士がマジレスします。

 

「資格がなくなる」に関連して、最近では「○○の資格はAIに仕事を奪われる!価値がなくなる!」といった話題を耳にすることも増えていますね。このあたりについても、あわせてお話していきます。

 

本記事の執筆者

執筆者プロフィール

かげつ(@kagetsu_smec)

中小企業診断士資格証(花月諒)

 

中小企業診断士がなくなる、廃止といった話はない

本記事の執筆時点(2021年12月)では、そんな話はありません。ネット上の適当なウワサ話を鵜呑みにしないようにしましょう。

 

中小企業診断士の制度に関する情報は、中小企業診断協会のホームページですべて公開されています。制度の動向が気になる人は、そちらをこまめにチェックしましょう。

 

そもそも、国家資格の士業をいきなり「来年度から廃止します!」なんて決められるわけないですよね。万が一、資格が今後廃止されるとしても、アナウンスから数年は暫定措置が取られると考えるのが普通でしょう。

 

ということで、中小企業診断士の資格はなくなりません。安心して勉強しましょう。以下記事で、200時間で合格した勉強法を完全公開しているので、ぜひ参考にしてください。

 

【独学】中小企業診断士に200時間で合格した勉強法を完全公開

続きを見る

 

中小企業診断士はAIに仕事を奪われにくい?

 

日本経済新聞が2017年に発表した「AIに代替される可能性のある士業」の調査によると、中小企業診断士はAIによって代替されにくい仕事とのことです。

 

ひょっとしたら上記の記事を読んで安心し、「それなら中小企業診断士を目指そうかな!」と思った人もいるかもしれませんが、危険です。

 

ぼくはこの新聞記事の表現は誤っていると思っていまして、正確には「経営コンサルタントはAIに代替されにくい」ではないかと。

 

企業の意思決定は「機械がこう言っているから」だけで行えるものではありません。必ず、人間味というかファジーな世界があります。だから、そこに寄りそう経営コンサルタントの仕事はなくならない。

 

ですが、べつに経営コンサルタントは中小企業診断士の独占業務ではありません。名乗ってしまえば、誰だって経営コンサルタントになれます。

 

現に、弁護士・公認会計士・税理士などの士業の「コンサル化」が進んでいます。経営者側としても、ただのコンサルタントより、法律・会計・税務などの専門知識をもちつつ、コンサルもできる人に頼りたいものでしょう。

 

つまり、ただ中小企業診断士を取っただけでは、上記のような「他の士業×コンサル」の人間に仕事を奪われる可能性が高いです。AIに代替されにくいからといって、安心してはいけません。

 

まとめ:自分の専門領域を作って「代替されにくい人材」になろう

 

記事の要点を整理します。

・「中小企業診断士がなくなる、廃止される」はただのデマ
・「中小企業診断士はAIに代替されにくい」は、よく聞く表現だが注意。他の士業のコンサル化が進んでおり、中小企業診断士が人間に仕事を奪われる可能性は高い。

 

AIにも人間にも仕事を奪われないためには、何かの領域のスペシャリストになる必要があります。

 

中小企業診断士は経営知識が幅広く問われる「ゼネラリスト的な資格」ですが、実際のコンサル業でゼネラリストは求められていません。経営全般の知識を持っているのは当たり前で、そこに何か1つ特化した知見があって、はじめて仕事をいただけます。

 

ぼくも中小企業診断士を取って独立するにあたり、「Webマーケティング、SEO対策」を専門領域に決めました。当サイトを運営しているのもその一環です。実際、独立して1年ほどで少しずつこれらの領域のお仕事を任せていただける機会も増えました。

 

これから中小企業診断士を目指す皆さまも、ただ試験合格だけを目指すのではなく、その後いかに「代替されにくい人材」になるかをイメージすることをおすすめします。

おわり。

ライバルに知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、ライバルに知られたくない有益情報をお伝えします!通信講座専門の予備校「クレアール」が発行している本で『非常識合格法』というものがあります。

 

『非常識合格法』では、範囲が広大な中小企業診断士試験に効率よく受かるポイントが網羅されています。

 

他校で勉強していたぼくも、読んでみたら「目からうろこな情報」ばかりでした。実際、この本の勉強法を実践した結果、苦手だった経営情報システムが得意科目になり、本番では84点を取れました。

 

『非常識合格法』は定価1,650円で販売されてますが、毎月100名限定で無料でもらえます。クレアールに資料請求すると数日で送られてきます。

 

クレアールの「非常識合格法」の本が無料でもらえる!

市販の本が無料でもらえる!

 

しつこい勧誘もないので、受験生は絶対に申しこんでおきましょう。

 

無料プレゼントを申しこむ!

 

資料請求の際は、下図のように「その他」にチェックを入れ「非常識合格法」と入力してください。(そうしないと『非常識合格法』が届きません)

クレアール(非常識合格法の請求フォーム)

  • この記事を書いた人

かげつ

中小企業診断士(R3年登録)【経歴】一橋大学経済学部▶インフラ企業(財務部門)▶コンサル会社(Big4)▶独立│通信講座と過去問を使い、約200時間の学習で中小企業診断士試験にストレート合格│効率の良い勉強法などを発信│鹿児島・福岡・将棋・テニスを愛する30代

-中小企業診断士とは

© 2021 200時間で中小企業診断士に独学合格!かげつブログ